「梅雨だる」に向けて

「梅雨だる」に向けて

 

5月も中盤に差し掛かり、お昼間は半袖でも過ごせるほど
暖かい日もちらほら現れています。

ですが数週間後には梅雨がやってきます。
西日本は6月上旬が梅雨入り予想とのことです。

梅雨時期の身体には「梅雨だる」と呼ばれる
特有の不調が現れる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
こういった気象病は男性より女性のほうがなりやすいそうです。


低気圧による不調

雨雲を発生させる低気圧。この低気圧が身体に影響を与えるのです。

・ 内耳の敏感さ
私たちに気圧の変化を知らせるきっかけは、内耳です。
内耳は耳の奥にある器官で、平衡感覚をつかさどっています。
内耳がセンサーのような役割をしていて、
脳の中枢にある自律神経に気圧の変化を伝えます。
そのため内耳が敏感な人は気圧の変化によるストレスが大きく、
頭痛、めまい、肩こりといった様々な不調が起こりやすいのです。

・水分バランスの乱れ
身体にかかる気圧の変化を感じることで
脳は体内の水分量を調節しようとします。
水分が溜まってしまう場所によって頭痛やだるさ、下痢などの
不調を引き起こしてしまうのです。

・気温の寒暖差
雨で気温がグッと下がる時もあれば、昼間は蒸し暑い
そんな寒暖差も身体にとってはストレスやダメージとなり
疲れやすい身体になってしまします。


「梅雨だる」の緩和法


① 朝起きたら部屋を明るく
起床したらカーテンを開け、晴れていれば朝日を浴びましょう。
曇りや雨でもしっかりカーテンを開け、室内を明るくしましょう。

② きちんと朝食を摂る
身体をしっかり活動モードに切り替えるために
朝食はしっかり摂るようにしましょう。

③ 適度に身体を動かす
ウォーキングやジョギングなど可能な範囲でできると理想です。
難しい場合や雨の際は、スクワットやストレッチでもいいので
特に脚を動かす習慣をつけましょう。冷えやむくみの防止にもなります。

④ お風呂はぬるめのお湯にゆっくりと
38〜40度のお湯にゆっくりとつかり
心身ともにリラックスできるようにしましょう。
特に炭酸ガスの入浴剤は温浴効果を高め血行を促進してくれます。

⑤ 就寝前は画面を見ずに
就寝1時間前からはできるだけスマホなどの画面を見ずに
就寝に向けて身体を休めてあげましょう。
部屋は暗くし、しっかり光を遮断して就寝しましょう。

⑥ 寒暖差に対応できる服装を
雨の影響や室内外での気温の変化で身体が疲れてしまわないよう
羽織れるものを持ち歩き常に調節できるようにしましょう。

⑦ 薬やハーブティーを服用しましょう
内耳が敏感な人は、乗り物酔いをしやすい人でもあります。
内耳が敏感だと感じる方は、酔い止めの服用も
「梅雨だる」の緩和につながります。

またNUseeds Blendでは がおすすめです。
消化不良に働きかけてくれるレモングラスをはじめ、
鎮静作用をもつスペアミントやオレンジピールを配合。
すっと爽やかな香りも、気分をすっきりさせてくれます。




普段の生活を見直す部分から、特に気にかけたい点まで
来る梅雨に向けて今からしっかり準備しておけば
身も心も少しは楽に過ごせるはずです。

毎年いつも間にかやってくる梅雨ですが、
今年は事前に備えられるようにしましょう。